彩菜伊豆~食卓に伊豆の素敵な彩りを!~
伊豆を中心としたこだわりの食材を『彩菜箱』に詰めてお届けします♪
岩手へ『青物支援彩菜箱』
植物のチカラは偉大です!
 植物油(廃天ぷら油)を燃料にしてクルマを
 走らせることが出来るんです!

09年静岡自然農学習会の時に旋風伊豆農園に来て戴いた『やまの号』

『やまの号』は廃天ぷら油を濾過して燃料に出来るんです。
自宅の燃料ステーションで給油される『やまの号』
燃料自作自給

この『やまの号』が3月中旬から岩手の復興拠点に出向いています。
石油系燃料が不足していてもまったく問題なく被災地で活躍中!

『やまの号』が頑張っているならば、ということで
彩菜伊豆も 『青物支援彩菜箱』 を送り出しました。
3月中旬から4月末まで 大小合計6回!

全国的に青物が少ないこの時期、特に東北、特に被災地は
青物がとても足りないということで、
けっぱれ
いつもの『彩菜箱』と違って 青物一色満載 だったり
青物青物
赤白も交えて、でも青物中心 だったり しました。
青物満載

  ここで、 <定期のお客様へ>
  4/2と4/9の いつもの『彩菜箱』お届け時に下記のように記しました。

     今週も 岩手の災害復興拠点へ現地で不足している
     『青物野菜』を送り出しています。
     その為、予定より青物が少ないですが、ご容赦下さい。

  この表記は、誤解を招く可能性がありましたのでここで補足します。
  『青物の替わりに芋類や穀類を入れました』と言う意味です。
  『彩菜箱』の内容総量を減らしたるわけではありません。
  ご理解ご協力ありがとうございます♪


『やまの号』は『バイオディーゼルアドベンチャー』の方々と一緒に
被災地を駆け巡りました。 現地のテレビではその活躍が紹介されました。
てれび
中央が 廃天ぷら油をそのまま使うWVOの『やまの号』
右が 廃天ぷら油を精製した燃料:BDFで走る
         『バイオディーゼルアドベンチャー号』

『やまの号』が現地の石油系燃料使わずに運んでくれた『彩菜箱』
釜石の創作農家レストランさん釜石
や、大船渡のホール、宮古のカレー屋さんなどに届きました。
少なからずお役に立てたような気がします。


『バイオディーゼルアドベンチャー』 のブログ
 http://space.rgr.jp/bio/
に現地の様々な活動が掲載されています!

『彩菜箱』の定期的支援は、現地の状況変化などにより
4月末でいったん終了となりました。
(要請があればいつでもピンポイント発送する予定です)

『やまの号』はまだまだ現地で走って届けています!

クルマを走らせたり、ヒトの食事になったり
植物のチカラは偉大です!


5月はコチラの地元での活動に力を入れています。
コチラが支援を受ける状況に陥らないようにせねばなりません!
『原発に頼らない社会へ』をテーマに全国公演中の
田中優さんを
キーマンとして皆さんで団結しましょう!