彩菜伊豆~食卓に伊豆の素敵な彩りを!~
伊豆を中心としたこだわりの食材を『彩菜箱』に詰めてお届けします♪
自然農の川口さん
6月26日静岡でのシンポジウム(静岡大学の60周年行事)に
自然農の川口さんが登壇されました。こんな方です。
川口さん1
川口さんは自然農32年目になるそうです!
(『旋風伊豆農園』はまだ7年目です)
川口さんのお話を聞くのは2度目ですが
素朴でちゃめっけのあるお話が楽しいです。

スライドで紹介された畑の様子が
川口さん2
『旋風伊豆農園』にもあるような絵だったので
なんだかウレシイです♪

わかってるつもりでもまだ出来ていないワザなど
再度認識できる良い機会でした。

今回のシンポジウムは静岡大学農学部の中井先生(左)が
川口さん4
コーディネータで、川口さんと佐藤先生(右)の3名が
ディスカッションを行いました。

佐藤先生は、総合地球環境学研究所副所長(元静岡大学)で
いろいろな知見をお持ちです。
川口さん3
食べる人と作る人は同じ、もしくは出来るだけ近く!
と言うのは、常々同じ思いですが、
タンパク質と糖質も同じ所から!と言うのは、
わたくしにとっては新鮮な知見です。
田んぼのお米と田んぼのフナが食卓でも同所!

日本は米と魚、中央アジアは雑穀と豆、ヨーロッパはジャガイモ
と乳、など各地に糖質とタンパク質のセットが昔からある。
川口さん6
タンパク質と糖質の同所性を取り戻そう!と提唱されている。


現在は、アイガモ農法の田んぼ、が最も近いかな。
・・・
魚が泳ぐ田んぼ、いつかは、やってみたい!
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する